HOME
携帯サイトへ
ふきあげ内科胃腸科クリニック案内
当施設の特徴
施設の配置
1000円検診
実施可能な検査
診療案内
ふきあげ内視鏡センター案内
*
当施設の特徴
専門医による検査
検査内容の公開
当院の設備
検査を受けるには
胃カメラの準備
大腸カメラの準備
ふきあげリハビリセンター案内
当施設の特徴
マッサージ療法
温熱療法
電気治療
牽引治療
施設風景
麻酔・鎮静剤を使用した胃カメラ/大腸カメラ
ふきあげ内視鏡センター案内
HOME >> 内視鏡センター > 当施設の特徴
ふきあげ内視鏡センターの特徴
鼻から入れる胃カメラ
苦痛の少ない内視鏡検査とは?
マーク
胃カメラは超細経カメラを使用しており,
その太さは”うどん”程度の太さしかありません。
一般の胃カメラと当院で使用している”極細径”胃内視鏡
↑ 左が一般の胃カメラ
右が当院で使用している”極細径”胃内視鏡です.
御覧の通り太さが全く異なります.
一般の胃カメラと当院で使用している”極細径”胃内視鏡と鉛筆との比較
↑ 真中が極細径胃内視鏡です.
エンピツより細くうどん程度の太さです.

 
マーク
検査は静脈麻酔を併用し苦痛の軽減に務めています.
内視鏡検査が苦しいと言われる理由には,
カメラの異物感による苦痛”と,
検査に対する不安感に由来する苦痛”の2つがあります.
当院ではこの2つの苦痛原因に対応し,苦痛の少ない内視鏡検査を行います.
メラの異物感に対しては
      → 異物感の少ない
細経内視鏡で対応
のどの反射に対しては
      → 反射の出にくい
経鼻内視鏡で対応
      → 静脈麻酔による鎮静剤で対応
検査に対する不安感に対しては
      → 静脈麻酔による
鎮静剤で対応
鎮静剤(ちんせいざい)とは,静脈注射によって投与されるお薬で,眠気を感じた状態で検査を行うことにより緊張感をほぐし,検査の苦痛を和らげる薬です.
マーク
大腸内視鏡検査当日の下剤は,量が少なく飲みやすい製品を使用しています.

名古屋市の胃カメラ検診については此方→ 1コイン胃カメラ検診/名古屋
 
名古屋市千種区の胃カメラ,大腸カメラ
ふきあげ内科胃腸科クリニックのコンセプト
院長紹介
院長業績
内視鏡検査に関してのよくある質問と回答
診療案内
社会貢献
道路交通案内
周辺図
地下鉄での来院
市バスでの来院
お車での来院
駐車場案内
  大腸ポリープ日帰り手術
当院近隣のラーメン屋さん
求人案内
ふきあげ内科胃腸科クリニックのホームページ